ローンを利用するには

スポンサードリンク

ローンを組んで自動車免許の合宿に参加してみよう

自動車免許の合宿では、数十万円の費用がかかります。自動車学校の学費などがセットになっているので、それなりの料金になってしまうのです。しかし、進学や就職の関係で、この時期に「自動車免許の合宿」に参加したい方もいるでしょう。手元にまとまった現金がない場合は、ローンを組んでみることをお勧めします。

 

自動車免許の取得は、他の資格の取得に比べて大きな意味があります。行動範囲が広がるので、応募できる求人も増えるのです。したがって、大学生であっても、本人名義でローンを組めるケースが多く見られます。これならば、自分自身の判断によって、合宿免許に参加できるでしょう。

 

ローンを組む時には、契約者の年齢が大きなポイントとなります。未成年であった場合は、親権者の同意が必要となるので注意しましょう。ちなみに、ローン会社によっては、親権者の同意があれば、高校3年生でも本人名義で契約できます。また、20歳以上の成年であっても、定職に就いていない学生なら親権者の同意がいります。

 

基本的には、入校する自動車学校が提携しているローン会社となります。だから、自動車学校が決まれば、自動的にどのローン会社に審査を申し込むのかも確定するのです。「自動車免許の合宿」の具体的な料金が決まらないとローンを申し込めないので、まずは自動車学校選びから始めてみましょう。

 

ローンを組むメリットは、学生であっても自分で支払いができる点を挙げられます。保証人が不要というケースが多いので、スピーディに合宿に参加できるでしょう。支払い回数も35回ぐらいまで選択できる為、毎月のバイト代でコツコツ返済していけます。例えば、高校卒業をしてから就職するまでの間や、大学に合格してから引っ越すまでの間に参加される方が多いです。

 

新生活がスタートしてからでは忙しくなってしまうので、ローンを組んで合宿免許取得に参加してみましょう。短期間で自動車免許を取得しておいて、後からゆっくり返済していくのも1つの選択です。

スポンサードリンク

関連ページ

費用・料金について
自動車免許の合宿にかかる費用は、自動車学校の学費だけではありません。宿泊施設への宿泊費や合宿期間中の食費などもかかるので、合計でどれだけかかるのかを把握しておきましょう。
クレジットカードで支払う
合宿免許は、クレジットカード払いができるところもあります。クレジットカード払いなら、ローンに比べて多彩な支払い方法を選べるでしょう。
割引を利用する
合宿免許では、複数の費用がセットになっています。したがって、学生などのまだ安定収入がない方にとっては、支払うことが大変です。そこで、合宿免許の割引キャンペーンを利用してみましょう。