食事について

スポンサードリンク

合宿免許の食事はどうすればいいの?

合宿免許では、1日3回の食事を自分で用意することになります。宿泊施設の近くで弁当などを購入するのも良いのですが、同じようなメニューを2週間以上続けるのはお勧めできません。体調を崩さない為にも、できるだけ栄養バランスの取れたメニューにしましょう。

 

もちろん、合宿免許ではメニューについても考慮してあります。まだ自炊をしたことがない学生でもちゃんとできるように、3食ついた宿泊プランがあるのです。これならば、毎日決まった時間に定食を食べられるので、教習を受けて試験に合格することだけに集中できます。

 

自動車学校には通学生もいるから、誰でも利用できる食堂が併設されていますお昼を挟んで教習を受けることが珍しくないので、自動車学校内で食事を済ませられるようになっているのです。それで、自動車免許の合宿に食事付きで参加した場合、その自動車学校内の食堂で1日3回の食事ができることもあります。

 

自動車学校によっては、宿泊施設がホテルであっても食事付きを選択できます。その自動車学校と提携している飲食店でのみ使用できる食事券を支給することで、食堂の代わりとするのです。自分の好きなメニューを食べられるメリットがあるので、けっこう人気があります。ただし、余った食券を払い戻すことはできない為、きちんと使い切りましょう。

 

食堂が休みになる場合は、食券を渡されることが多いです。食事付きの宿泊プランを選べば、合宿期間中の食事について何らかの形でフォローしてくれます。しかし、対象外となっている期間があるかもしれないので、具体的にどれだけ食事を提供してくれるのか?を必ず確認しておくべきです。1食の食費を把握するという意味でも、表計算ソフトなどで一覧を作ってみることをお勧めします。

 

提供されるメニューの内容は、メインのおかず1品とご飯と味噌汁です。それに加えて、サラダなどの小鉢がついてくることが多く、食べ盛りの学生でも満足できるでしょう。ご飯についてはお代わり自由という食堂もあります。

スポンサードリンク

関連ページ

準備するもの
合宿免許では、一定期間自宅ではない場所で暮らします。その為、事前に必要な持ち物をリストアップして、忘れ物のないようにしましょう。
必要な持ち物
合宿免許は、順調に進んでも平均16日間かかります。その為、あると便利なアイテムも数多くあるのです。そういったアイテムを用意しておけば、より快適な合宿生活を送れるようになります。
必要な期間
合宿に参加すれば、短期間で自動車免許を取得できます。1日をフルに使えるので、その分だけ通学生に比べて有利なのです。AT限定はMTに比べて技能教習が少ない為、最短14日間程度となります。そして、MTについては、最短15日間程度の期間です。
宿泊施設
現在では、プライバシーが重視されているので、合宿免許においても個室の宿泊プランが多くなっています。昔の合宿免許では相部屋が当たり前だったのですが、そういったところはどんどん減っているのです。もっとも、友人同士で参加するケースでは、数人で泊まれる相部屋が選ばれています。
学校の評判・口コミ
合宿免許といえば、やっぱり評判が気になるところです。これまでの参加者が高く評価している自動車学校ならば、スマートに卒業できるでしょう。
空き状況を調べる
合宿免許は、それぞれの日程で参加者できる人数に上限があります。したがって、まず自分が希望する入校日で空きがあるかどうかを確認しなければなりません。その時期にどうしても合宿に参加したいのならば、複数の自動車学校について調べましょう。