宿泊施設

スポンサードリンク

合宿ではどういった宿泊施設に泊まるのか?

現在では、プライバシーが重視されているので、合宿免許においても個室の宿泊プランが多くなっています。昔の合宿免許では相部屋が当たり前だったのですが、そういったところはどんどん減っているのです。もっとも、友人同士で参加するケースでは、数人で泊まれる相部屋が選ばれています。

 

自動車学校でも、参加者を増やす為に宿泊施設に力を入れています。自動車学校の敷地内にある寮ならば、教習の合間に自分の部屋に帰って休むことも可能です。築年数が浅い寮を選ぶことで、浴室とトイレも備わっている完全な個室に泊まれるでしょう。基本的には寮では浴室とトイレは共同であり、浴室については利用時間が決まっていることが多いです。

 

ポイント寮に泊まるのならば、食事付き宿泊プランもあります。なお、この食事付きについては、自動車学校の食堂で提供するところもあるので、注意しましょう。そういった台所がない寮では、自炊を選択することができません。

 

自動車学校が提携しているホテルを選べば、一般客向けの洗練された部屋に泊まれます。朝食サービスがあるホテルが多く、自炊をする気がない場合は一番お得かもしれません。他の参加者に会わなくて済むので、自動車学校のことを忘れてゆっくり寛げるでしょう。

 

一人暮らしとほぼ同じ環境が欲しいのなら、マンスリーマンションを選ぶべきです。自動車学校と提携しているところであれば、割安な料金で泊まれます。台所などの設備が一通り揃っているので、自炊をする方にはうってつけの宿泊施設です。プライベートは1人で過ごしたい方には、ホテルやマンスリーマンションがお勧めです。誰にも邪魔されずに過ごせるので、旅行をしているような開放感を味わえます。しかし、宿泊施設そのものには娯楽設備があまりない為、携帯ゲーム機などを持っていきましょう。

 

寮にいるのは、自動車免許の合宿に参加している方ばかりなので、新しい友人を作ることもできます。同じ目標を持っている仲間がいれば、辛いことがあっても乗り越えていけるでしょう。また、レンタルビデオなどを用意している寮も多く、お金をかけずに暇潰しができます。

スポンサードリンク

関連ページ

準備するもの
合宿免許では、一定期間自宅ではない場所で暮らします。その為、事前に必要な持ち物をリストアップして、忘れ物のないようにしましょう。
必要な持ち物
合宿免許は、順調に進んでも平均16日間かかります。その為、あると便利なアイテムも数多くあるのです。そういったアイテムを用意しておけば、より快適な合宿生活を送れるようになります。
必要な期間
合宿に参加すれば、短期間で自動車免許を取得できます。1日をフルに使えるので、その分だけ通学生に比べて有利なのです。AT限定はMTに比べて技能教習が少ない為、最短14日間程度となります。そして、MTについては、最短15日間程度の期間です。
学校の評判・口コミ
合宿免許といえば、やっぱり評判が気になるところです。これまでの参加者が高く評価している自動車学校ならば、スマートに卒業できるでしょう。
食事について
合宿免許では、1日3回の食事を自分で用意することになります。宿泊施設の近くで弁当などを購入するのも良いのですが、同じようなメニューを2週間以上続けるのはお勧めできません。体調を崩さない為にも、できるだけ栄養バランスの取れたメニューにしましょう。
空き状況を調べる
合宿免許は、それぞれの日程で参加者できる人数に上限があります。したがって、まず自分が希望する入校日で空きがあるかどうかを確認しなければなりません。その時期にどうしても合宿に参加したいのならば、複数の自動車学校について調べましょう。