必要な期間

スポンサードリンク

合宿免許の期間はどのぐらいなのか?

合宿に参加すれば、短期間で自動車免許を取得できます。1日をフルに使えるので、その分だけ通学生に比べて有利なのです。AT限定はMTに比べて技能教習が少ない為、最短14日間程度となります。そして、MTについては、最短15日間程度の期間です。

 

2週間以上も宿泊施設に泊まって勉強するのは大変ですが、通学プランに比べて大幅に期間を短縮できるメリットがあります。さらに、予めスケジュールが決められているから、技能教習の予約を取ったりする手間がありません。スケジュール通りに教習を受けていくだけで、卒業まで一直線に突き進めます。

 

合宿免許のスケジュールは、これまで多くの参加者が卒業してきたノウハウが反映されています。だから、言われたことをきちんと守れる方ならば、おおよそスケジュール通りに卒業していけるのです。例えば、2コマ連続で教習を受けたら、次の1コマは空いているのでゆっくり休めます。それに、自動車学校に近い宿泊施設に泊まるから、朝早く起きなくても1時限目の教習に間に合うのです。

 

仮免許試験などで不合格になった場合は、再試験を受けなければなりません。そういった場合では、合宿期間が数日程度延びることになるでしょう。ですから数日以上空けておくことをお勧めします。

 

自動車免許の合宿に参加すれば、有利な時間帯に技能教習を受けられます。慣れない自動車の運転でも、明るい時間帯なら負担が少なくて済むでしょう。特に、他の自動車と一緒に走る路上教習では、昼間と夜間では難易度が大きく違ってきます。ただし、仮免許試験の当日といった午後からしか空いていない日には、夜間の技能教習もあるので注意しなければなりません。

 

合宿免許の資料に掲載されている期間は、基本的に最短日数となっています。つまり、全ての教習を予定通りに受けて、仮免許試験と卒業検定を一発合格した場合の数字なのです。でも、合宿期間中は集中して教習を受けていくので、最短日数に近い日数で卒業できるでしょう。

スポンサードリンク

関連ページ

準備するもの
合宿免許では、一定期間自宅ではない場所で暮らします。その為、事前に必要な持ち物をリストアップして、忘れ物のないようにしましょう。
必要な持ち物
合宿免許は、順調に進んでも平均16日間かかります。その為、あると便利なアイテムも数多くあるのです。そういったアイテムを用意しておけば、より快適な合宿生活を送れるようになります。
宿泊施設
現在では、プライバシーが重視されているので、合宿免許においても個室の宿泊プランが多くなっています。昔の合宿免許では相部屋が当たり前だったのですが、そういったところはどんどん減っているのです。もっとも、友人同士で参加するケースでは、数人で泊まれる相部屋が選ばれています。
学校の評判・口コミ
合宿免許といえば、やっぱり評判が気になるところです。これまでの参加者が高く評価している自動車学校ならば、スマートに卒業できるでしょう。
食事について
合宿免許では、1日3回の食事を自分で用意することになります。宿泊施設の近くで弁当などを購入するのも良いのですが、同じようなメニューを2週間以上続けるのはお勧めできません。体調を崩さない為にも、できるだけ栄養バランスの取れたメニューにしましょう。
空き状況を調べる
合宿免許は、それぞれの日程で参加者できる人数に上限があります。したがって、まず自分が希望する入校日で空きがあるかどうかを確認しなければなりません。その時期にどうしても合宿に参加したいのならば、複数の自動車学校について調べましょう。