必要な持ち物

スポンサードリンク

自動車免許の合宿に持っていきたいアイテム

合宿免許は、順調に進んでも平均16日間かかります。その為、あると便利なアイテムも数多くあるのです。そういったアイテムを用意しておけば、より快適な合宿生活を送れるようになります。

 

 

健康保険証は、できるだけ持っていくべきです。本人証明として使うだけではなく、急に体調を崩した時に医療機関で診察を受ける時にも役立ちます。また、医療キットも持っていくと、ちょっとした傷ぐらいなら対処できます。もしも日常的に服薬をしているのならば、合宿期間中の分を確保しておきましょう。

 

インターネットをやりたい場合は、ノートパソコンなどを持っていくことをお勧めします。ただし、宿泊施設によってインターネット環境が異なるので、予め確認しておかなければなりません。特に、LANケーブルを自分で用意する必要があるのかどうかは、要確認です。なお、電源タップも用意しておくと、他の家電を使いながらインターネットができます。

 

携帯電話があれば、友人などと連絡を取れるので、ストレス解消に大きな効果を発揮します。でも、充電器を忘れてしまうと、合宿期間中にバッテリー切れになってしまう恐れがあるのです。携帯電話用の充電器も、忘れずに持っていきましょう。

 

ドライヤーについても、宿泊施設によって扱いが違います。風邪を引かない為にも、ドライヤーが備え付けかどうかを必ず確認しておくべきです。現地で購入すると余計な出費になってしまうので、必要ならば自分のドライヤーを持っていくことをお勧めします。

 

自動車学校に通う時には、トートバッグなどがあると便利です。ゆえに、教習で使用する教本が入るサイズのバッグを別途持っていきましょう。必要な荷物だけ持ち運べるので、スマートに教習を受けられます。

 

娯楽としては、手軽にできる携帯ゲーム機もお勧めです。ただし、周囲の迷惑にならないように、深夜の時間帯はイヤフォンなどをしてプレイしましょう。観光地にある自動車学校の場合は、観光ガイドを持っていくと温泉などを楽しめます。

スポンサードリンク

関連ページ

準備するもの
合宿免許では、一定期間自宅ではない場所で暮らします。その為、事前に必要な持ち物をリストアップして、忘れ物のないようにしましょう。
必要な期間
合宿に参加すれば、短期間で自動車免許を取得できます。1日をフルに使えるので、その分だけ通学生に比べて有利なのです。AT限定はMTに比べて技能教習が少ない為、最短14日間程度となります。そして、MTについては、最短15日間程度の期間です。
宿泊施設
現在では、プライバシーが重視されているので、合宿免許においても個室の宿泊プランが多くなっています。昔の合宿免許では相部屋が当たり前だったのですが、そういったところはどんどん減っているのです。もっとも、友人同士で参加するケースでは、数人で泊まれる相部屋が選ばれています。
学校の評判・口コミ
合宿免許といえば、やっぱり評判が気になるところです。これまでの参加者が高く評価している自動車学校ならば、スマートに卒業できるでしょう。
食事について
合宿免許では、1日3回の食事を自分で用意することになります。宿泊施設の近くで弁当などを購入するのも良いのですが、同じようなメニューを2週間以上続けるのはお勧めできません。体調を崩さない為にも、できるだけ栄養バランスの取れたメニューにしましょう。
空き状況を調べる
合宿免許は、それぞれの日程で参加者できる人数に上限があります。したがって、まず自分が希望する入校日で空きがあるかどうかを確認しなければなりません。その時期にどうしても合宿に参加したいのならば、複数の自動車学校について調べましょう。